任意保険の比較

任意保険の比較に最適な「一括見積もり」

自賠責保険にはちゃんと加入しているし、任意の保険は任意だから入らなくてもいい。と思っているかたいませんか。自賠責保険は車を所有するすべてのひとが加入する保険ですがこの意味と目的は事故に遭われた方への補償のためです。

 

>>自動車保険見積もりキャンペーン

 

ケガをされた人への補償は最高120万円、後遺障害を負われた方へは最高4000万円、死亡された方へは最高3000万円と保険の金額も設定されています。しかしこれで本当に十分でしょうか??実際は事故ではかなりのお金が必要です。

交通事故で人にケガをさせたり、最悪死亡させたりしてしまうと、運転していた人には加害者となります。

 

刑事責任や行政責任、民事責任による損害賠償責任がのしかかってきます。近年、被害者の認定損害額は高額していることが多くあり、賠償金額が1億円を超える事故も多数あります。
自賠責保険の補償は上記で記載している通り最高金額がきまっています。それを超える損害賠償を補うには任意保険に加入していなければ、加害者は支払い不能に陥ることになり二重、三重に苦しまなくてはいけなくなるとともに家族にも迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。
任意保険には入っておいたほうが無難です。。。

被害者にはもっと大変な苦しみを負わせてしまうことになってしまいますので不測の事態に備えるためにも任意保険が必要というわけです。

対物賠償保険とはどういうものかまとめていき、理解を深めましょう。この対人賠償は被害者に対して支払われ保障される保険です。
しかし全部の人が補償されるわけではなく、他人に限られています。
他人の範囲はどうなっているのかですが、まず確実に保障できない場合から紹介します。
まず記名の被保険者・配偶者・同居の親族や車をかりた友人なども値します。この時注意することは同居をしていなくても仕送りなどをしていて家を出ている場合は保障はされません。
保障される場合ですが友人や別居し独立している家族の場合は補償を受けられるということです。
独立し、同居していないことが他人どうかを判断する基準となっています。

 

対物賠償保険は家や他の人の車などに損害を与えるとこのときも賠償責任が発生します。これも対物賠償保険から範囲内で保険が支払われることとなります。
そしてもっとも重要なことです。
歩行者と車が事故を起してしまった場合、圧倒的に車の過失の割合が大きくなりますよね。信号を無視をしてしまった。横断禁止の道路を渡ったなどといった歩行者のケースでは相応の過失が認められています。このことから賠償金額が減額されます。
歩行者といっても過失の割合が大きくなってしまうと賠償額にかなりの差がでてきます。普段から車を運転するときも道路を歩行するときも交通ルールにはしっかり守っていることが大切です。車も財産でありそれ以上に命はかけがえのないものです。
他人の車や家などに損害を与えてしまうと、法律上の賠償責任が発生します。その場合に対物賠償保険から保険金額の範囲内で保険金が支払われることになります。

続きを読む≫ 2013/06/10 21:25:10
ホーム RSS購読 サイトマップ