任意保険の比較

任意保険の比較に最適な「一括見積もり」

自賠責保険にはちゃんと加入しているし、任意の保険は任意だから入らなくてもいい。と思っているかたいませんか。自賠責保険は車を所有するすべてのひとが加入する保険ですがこの意味と目的は事故に遭われた方への補償のためです。

 

ケガをされた人への補償は最高120万円、後遺障害を負われた方へは最高4000万円、死亡された方へは最高3000万円と保険の金額も設定されています。しかしこれで本当に十分でしょうか??実際は事故ではかなりのお金が必要です。

交通事故で人にケガをさせたり、最悪死亡させたりしてしまうと、運転していた人には加害者となります。

 

刑事責任や行政責任、民事責任による損害賠償責任がのしかかってきます。近年、被害者の認定損害額は高額していることが多くあり、賠償金額が1億円を超える事故も多数あります。
自賠責保険の補償は上記で記載している通り最高金額がきまっています。それを超える損害賠償を補うには任意保険に加入していなければ、加害者は支払い不能に陥ることになり二重、三重に苦しまなくてはいけなくなるとともに家族にも迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。
任意保険には入っておいたほうが無難です。。。

被害者にはもっと大変な苦しみを負わせてしまうことになってしまいますので不測の事態に備えるためにも任意保険が必要というわけです。

 

 

インターネットをご利用の方はこちらへ!!
http://xn--au-s73al8qkfa5412dnqzb.com

 

 

即日発行クレジットカード

 

自動車任意保険皆さん加入はちゃんとされているのが車を持っている方は一般的です・・・

 

現実は・・・
自動車保険の数は多くどこに加入したらいいのかかんり数も多く迷います。
そして・・・保険に加入しその中でいくつか出てくる専門用語があり、女性なんか特に難しいとわからないままにしてしまいがちです。
自動車保険の知識を身につけておくと今後加入したときに役割も定かになります!!!

 

 

 

 

自動車保険は何のために自分がどんな保険に加入しているかなども理解することができます!!
そう!
理解しているからこそ必要。不要なものが理解でき割安になることも十分考えられてきます!!
基本的な知識を身につけておくと今後の自動車保険もスムーズにいくことが考えられます。自動車保険の基本的な保険は・・・
自賠責保険と任意保険。
自賠責保険は・・・
必ず車の持ち主には義務付けられている保険。
期限が切れてしまうと。1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
そして保険証明書を携帯していなければ罰金30万円と法律でも決められ大変なことになってしまいます。
これは強制保険でし!!
必ず加入していなければ車検ができませんし基本的なことですが一般道を走ることは不可能です。
車検切れにならないよう、十分にご注意をしておく必要があります。
交通事故の被害者の救済を目的とした保険です。しかし補償されるのは人間だけです。

 

もちろん自賠責では建物や相手の車や自分の車や電車やバスやガードレール・電柱を壊してしまっても、保険金は一切でません。
全て自己負担です。
このようなことから自賠責保険でまかなえない分任意の自動車保険へ加入し万が一の保険のために備えておくということが主流です。

 

任意保険には・5つの基本的な保険があります。
・ 対人賠償補償・対物賠償保険・無保険車傷害保険・自損事故保険・搭乗者傷害保険です。
この保険のほかに車両保険や特約から自由に組み合わせ可能になっていくのが主流です。

 

保険選びの時に一番重視することって事故の時の対応ですよね。しかし事故に遭うまでわからないということもあります。実際に事故が起きたときの各保険会社の対応について、各保険の対応をアンケートしたときに

1位はイージーデザイン損保続いて
2位は三井ダイレクト損保、
3位アメリカンホーム損保

という結果になりこの見積りサイトで比較できる会社が上位を占めていることがわかりますようにこの機会に参考にされてみてはいかがですか???

 

続きを読む≫ 2016/03/07 17:10:07

対物賠償保険とはどういうものかまとめていき、理解を深めましょう。この対人賠償は被害者に対して支払われ保障される保険です。
しかし全部の人が補償されるわけではなく、他人に限られています。
他人の範囲はどうなっているのかですが、まず確実に保障できない場合から紹介します。
まず記名の被保険者・配偶者・同居の親族や車をかりた友人なども値します。この時注意することは同居をしていなくても仕送りなどをしていて家を出ている場合は保障はされません。
保障される場合ですが友人や別居し独立している家族の場合は補償を受けられるということです。
独立し、同居していないことが他人どうかを判断する基準となっています。

 

対物賠償保険は家や他の人の車などに損害を与えるとこのときも賠償責任が発生します。これも対物賠償保険から範囲内で保険が支払われることとなります。
そしてもっとも重要なことです。
歩行者と車が事故を起してしまった場合、圧倒的に車の過失の割合が大きくなりますよね。信号を無視をしてしまった。横断禁止の道路を渡ったなどといった歩行者のケースでは相応の過失が認められています。このことから賠償金額が減額されます。
歩行者といっても過失の割合が大きくなってしまうと賠償額にかなりの差がでてきます。普段から車を運転するときも道路を歩行するときも交通ルールにはしっかり守っていることが大切です。車も財産でありそれ以上に命はかけがえのないものです。
他人の車や家などに損害を与えてしまうと、法律上の賠償責任が発生します。その場合に対物賠償保険から保険金額の範囲内で保険金が支払われることになります。

 

続きを読む≫ 2013/06/10 21:25:10
ホーム RSS購読 サイトマップ